ひのき酵素風呂とは?

 「酵素風呂」と聞くと、「体にいい」でも「あの臭いがねぇ」と独特の異臭で敬遠される方が多いかもしれません。でも、当館の「ひのき酵素風呂」は異臭はなく、むしろ、ひのきの香りで森林浴気分で、リラックスでき、気持ちよく「快汗」デトックス効果抜群です。
  
「ひのき酵素風呂」は、体に必要な有効な酵素を身体に取り入れようというもので、ひのきのオガ粉に米ぬかを混ぜて、それに酵素菌をくわえることで、60〜70℃の自然熱が発生します。この中に15分間入ることで、遠赤外線効果により体を芯まで温め、血液の循環を良くし、汗と共に老廃物と毒素を排出し、大きく開いた毛穴から体内に有効な酵素が吸収され、新陳代謝を良くし、自然治癒力・免疫力を高める乾式健康温浴法です。

自然食・自然療法研究家 東城百合子先生の著の「薬草の自然療法」の中に体内の毒素を出す砂療法の威力と題し、砂療法という自然療法が紹介されています。
海辺や川辺へ行って砂風呂のように、何時間も(8時間位入ると相当の効果が出る)砂に潜っていることによって、砂が肉体の疲れをとり、全身の毒素を吸い出し、長い間に蓄積されてきた汚れも、すっかりはき出してくれるというもの。
 砂・土には絶大の力があり、ひと昔前はフグ中毒で死ぬ人が多かったのですが、フグにあたったらすぐ裸にして、砂や土を掘って首だけ出して一晩入ると、毒物を出し、生命をとりとめました。砂や土がフグのような強烈な毒でも、吸い出して浄化してしまうのです。清水次郎長がフグ毒にあたり、土に潜って治したのは有名な話です。 
これは、砂・土の中にいる微生物「土中菌」や「枯草菌」の自浄作用がなすもので、人が土の中に何時間も潜ることで、体内の毒素を吸い出す自然の微生物の浄化作用によるものです。これは、単なる砂風呂ではなく、土中菌・枯草菌などの微生物が繁殖している自然の、海辺・川辺の砂・土でないと効果が出ません。
慌しく、忙しくして、時間的に精神的に余裕のもてない今日では、海辺・川辺に行って、砂に潜るなどということは、皆目、不可能です。
「ひのき酵素風呂」は、野草の酵素を、土中菌・枯草菌群の微生物により自然発酵させ、発酵熱を出したもので、自然の砂療法の効果をわずかの時間で発揮できる自然療法で、日々、忙しく過ごす現代人には、持って来いの代替砂療法です。

この温浴法は、副作用のない経験的な自然療法で、病気に対して多くの治癒例があります。体質改善、健康維持、病気予防、老化防止には最適な自然療法です。


「ひのき酵素風呂」でさまざまな病気の改善・治癒例はたくさんあります。
ではなぜひのき酵素風呂で病気が改善できるのでしょうか?


それは、第1に、皮膚から有効な酵素を体内に摂り入れること。

「ひのき酵素風呂」は、温泉浴とは違い皮膚呼吸ができ、大きく開いた毛穴から身体に有効な酵素を体内に摂りいれます。そこが、砂風呂や岩盤浴とは違うところで、酵素風呂の特徴で、体質を改善できる最大の要素です。また、深部体温を上げることで体内の酵素活性を向上させます。


第2に、汗と一緒に体内毒素を排出すること。

症状の重いときほど汗はベタベタしています。体の中の毒素が溶け込んでいるからです。細胞の新陳代謝で生じた老廃物のほか、生活毒物(食品添加物・化学物質・重金属・有害ミネラル)なども溶け込んでいます。深部体温を上げることで、血流が良くなり内臓に溜まった老廃物・毒素をも汗と一緒に排出します。


第3に深部体温(内臓体温)を上げること。

深部体温が1℃下がると基礎代謝が12%、免疫力は約30%落ちると言われています。深部体温を上げると基礎代謝・免疫力が上がるためいろいろな症状が改善に向かいます。

通常のお風呂ですと40〜42℃のお湯に入り温まりますが、その温度では20〜30分の入浴では深部までは温まりません。お風呂は皮膚呼吸ができないため長時間の入浴をすると皮膚がふやけてしまいます。またサウナのような乾式の温熱ですと表面のみの温まり方でしかなく、温かさだ持続しません。

「ひのき酵素風呂」は、自然発酵熱で60〜70℃の中に砂風呂のように入ります。実際の体感温度はひのきのオガ粉に空気の層があるためちょっと熱めのお風呂くらいです。湿度もあるためそこに15分入るだけで体の深部まで温まり、温かさが持続します。これは、他の温浴では味わえないものです。


第4に、ひのきの持つ「フィトンチッド」「テルペン」「ヒノキチオール」の効果。

ひのきの匂いの成分(フィトンチッド)には、虫を追い払う忌避作用、カビ・細菌と対抗するための抗菌・抗カビ作用や、最近では、フィトンチッドに病気を治したり、健康を維持する働きがあることがわかってきました。「ひのき酵素風呂」に入ってフィトンチッドを吸うことにより、肺から血液内に摂りこまれ感染症に対する免疫力を上げます。また、ひのきの匂いによりリラックスでき、副交感神経優位状態となりストレスも解消されます。

ひのきには、テルペンという精油成分が多く含まれており、このテルペンは身体を温める作用をもっています。このテルペンが体内に吸収され、身体を温め、温かさを持続させます。

そのほかに、ひのきには、ヒノキチオールという精油成分があり、これは、肌に良いとされており、化粧品やアトピーの薬などにも使用されています。この成分も皮膚・呼吸から吸収され肌に良い作用をします。冷えは肉体的にも疲労の回復を妨げ、ホルモンのバランスを崩し、体にさまざまな悪影響をおよぼします。

ひのきの香りの正体は、揮発性のテルペンです。テルペンは抗菌力を持ち、また皮膚や粘膜に接触すると炎症を防いだり、吸い込むことによりぜん息や気管支炎の鎮静作用、また、肺呼吸や皮膚呼吸から血液内に摂り入れられたテルペンは体内で抗菌力を発揮するといわれ、免疫力のアップにも寄与しています。また、最近、テルペンは身体を暖める成分であることもわかってきました。

ひのきの香りは、交感神経系の興奮を抑え、気分がやすらぐ状態をつくりだす副交感神経を活性化させ、緊張で興奮しているからだを鎮め、やすらいだ気分をもたらせ、不安や心理的ストレスをやわらげます。
現代のように急速な科学の進歩とともに、社会構造が複雑になってくると、いらいらや不安ががつのりストレスがたまってきます。社会生活上の様々な心理的ストレスなどが原因で起こる心身症(胃潰瘍、高血圧症、メニエール症候群、耳鳴り、気管支喘息、月経異常、不妊症、自律神経失調症、食欲不振)や原因がわからないがからだの調子がおもわしくないという不定愁訴(高血圧症、頭痛、下腹部痛、慢性胃炎、腰背痛)を訴える人が多いです。このような症状をお持ちの方は、汗をかくことテルペンの香りをかき体内に摂り入れることにより、副交感神経優位となり体がリラックスし、症状が改善されます。

ひのきに含まれているテルペンの量は、他の樹木に比べずばぬけて多いです。
冷え性の人は、体内の熱量不足と気血の循環が悪くなっています。こういう症状の人が、生理中に腰や下腹の痛みを強く感じるのは、代謝作用の低下で、骨盤内の血液が生理の直前にうっ血するからです。体を芯から温めることで改善します。


酵素の働きは?

・血液にたまった汚れを分解する
・白血球の活性を高める
・有害な活性酸素を対外へ運び出す
・腸内細菌のバランスを整える
・血液の状態をアルカリ性にする
その他にも、いろいろと身体にとって有益な働きをします。


衛生面は?

「人が入った後の汗で不潔では?」と思われがちですが、温浴で出た汗は、オガ粉が吸い取り紙のように吸い取り、ほとんど体について出てしまい、ひのきの持つ殺菌作用と、
60〜70℃の発酵熱により、細菌などは生存不可能で清潔です。また、定期的な交換により、いつでも安心して入ることができます。


このような症状をお持ちの方には最適です

冷え性、生理痛、生理不順、子宮筋腫、不妊症、婦人病、更年期障害、むくみ、便秘、アトピー、ぜん息、体臭、胃腸病、糖尿病、肝臓病、痔、不眠症、自律神経失調症、腰痛、肩こり、リウマチ、膠原病、神経痛、疲労回復、術後の再発防止の体質改善、交通事故の後遺症 等。


こんなことが気になる方へ

疲れやすい、疲れがなかなか取れない、風邪をひきやすい、手足が冷たい、肌が荒れる、汗をかきにくい、耳鳴りがする、夜,眠れない、体がだるい、日々ストレスを感じる、体臭が気になる、医薬品を常用しているが効果が出ない、手足がしびれる、肩こりがひどい、術後の予後の体質改善、など

※次のような方は、酵素風呂温浴をお断りする場合があります。

高度の高血圧の方、高度の心臓病の方、泥酔状態の方、
身長190cm以上の方,極度の肥満の方(温浴桶に入れない為)


酵素風呂と健康観について

現代医学の、E・B・M(科学的根拠に基ずいた治療法を選択する)の見地からすれば、こうした自然療法を否定する人がいますが、現代医学が動物実験(モルモットやマウス)で新薬を開発し、動物実験で良い結果が出たからと人体に投与し、予測もつかない副作用や悪い結果を出しながら人体実験を重ねていく、いわば今が人体実験の最中なのに対し、ひのき酵素風呂のような「自然療法」は、東洋医学と同じ何百年、何千年も前から人体実験を繰り返して築き上げられたもので、病気や症状に対しての数多く人々の治癒、改善があって現在にいたっていて、副作用の心配もありません。

昔から「冷えは万病の元」といわれ、いろいろな「冷え取り健康法」があります。現在は、夏でも冷房の部屋で体を冷やしたり、冬でも体を冷やす夏場に取れる果物や野菜を食べ、化学薬品や食品添加物・農薬・環境ホルモンなど体を冷やすものばかりを摂取せざるを得ない環境となっています。いくら自分自身で気をつけても、いくら食べ物に気をつけても今日の環境では無理があります。でも、ひのき酵素風呂は、体を温め、毒素を排出することで体質を改善し、さまざまな不定愁訴・不快な症状を徐々にやわらげていきます。ただし、一度入っただけで自分の体に変化がある人はそうそういません。逆にそういう人は、体が敏感な人。大多数の人は、何度か定期的に入ることで改善にむかいます。体を温めれば普通の人は気持ちよく感じるはずです。そう感じない人は、毒素(化学薬品や食品添加物など)で本来もっている自然な本能が狂ってしまっているのかも知れません。定期的に入って自然の本能をよびもどしてください。きっと改善していきます。ひのき酵素風呂は一度入ると3日間位持続すると言われています。重症な人は、最初はこまめに(週2回位)、後は徐々に頻度をあけるように入ることをお勧めいたします。

「自分の体は自分で治す。医者は薬は病気を治す手助けをしているだけで、最終的に病気を治すのは本来自分の持っている自己免疫力・自然治癒力」という言葉をよく耳にします。その通りです。病気にならない体を維持する。病気にならない体をつくる。もし病気になったら、薬ばかりに頼らずに積極的に自己免疫力・自然治癒力をあげることが最良です。
    
一度病気をした人は、健康の有難さがつくずくわかりますから、健康維持に一生懸命になります。いわゆる体験の有難さでしょう。ところが、病気をしたこともない人はなかなか健康に関心が湧きません。健康が当然と思っているからです。本当はふだん、どんなに健康な人でも、あらゆる病気の予防に心がけるのが賢明な人といえそうです。いいかえると、健康に夢中になる人は、教養のある人ともいえそうです。
    ひのき酵素風呂で、皆様が健康な生活をエンジョイしていただければ望外の喜びです。